短納期の理由

短納期を実現するマンパワーに驚かれます。

金型の製造はどうして時間がかかるのか?それは最終段階の組み上げや磨きなどの仕上げは人の目で確認しながら行うからです。淀川精機では、もっとも人の手がかかる工程を徹底的に強化し、アナログなマンパワーで対応しています。また、納品前の成型機でのTRYや設置時の調整など「ありがたいね」と言われるようなサービスを目指しています。ここでは淀川精機の強みをご紹介いたします。

淀川精機の強み01
打ち合わせから30~40日で納品!短納期に自信があります。

設備の充実に加え、仕上げ工程にも十分なマンパワーを確保しています。

マシニングを7台備え、2tクラスの金型も同時並行で製造できます。また、金型には必ず組立・仕上の工程がありますが、作業を行う工員は常に7人ほど常駐しており、本社工場だけで手が足りないときには兄弟会社の冨士精機でも平行して製造することができます(マシニングセンター7台、組立・仕上工程の工員5人)。多くのスキルとマンパワーを有する弊社だからこそできる対応です。

全体スケジュールを工員全員で把握し、急な仕事にも対応

工程ごとにフロアを分けており、どのフロアでどこの案件を担当しているかを工程表にまとめて掲示しています。そのためメンテナンスなどの急な仕事が入ってきても、どの設備で誰が担当できるかを一目で判断でき、短納期での納品に貢献しています。

工場・設備について
工程・工期の目安

製造できる金型種類

  • 樹脂・プラスチック金型
  • 二色成形金型
  • インサート成形金型
  • ペットボトル用金型
  • アウトサート成形金型
  • ダイレクトブロー金型

製造できる素材種類

  • NAK80
  • STAVAX
  • HPM38
  • DH2F
  • SUS403
  • FC20

淀川精機の強み02
試作・設計、TRYや納品時の立会い・調整も行います。

全国対応いたします!

成形品の設計段階からのご相談や、「古い金型図面だけ・製品だけあるので金型を作りたい」、「今よりコストを抑えたい」、「2次元図面や簡易図面、デザイン画からの3次元モデリングをお願いしたい」といった相談もお任せください。全国対応の他、ご要望があれば直接お伺いいたします。また射出成型機もありますので、試作も対応いたします。

作ったものには最後まで責任を持ち、長く付き合います。

金型製造専門の会社でありながら工員が多いので(2018年現在社員35名)、製造担当者がTRYや設置時の立会いに同行し、その場で調整することもできます。また仕上げ工程担当の工員が多い分、メンテナンスも迅速にできる環境です。

修理・メンテナンスについて
淀川精機の強み02

製造以外にできること

  • 試作
  • 納品時、仕上げ担当の立会い
  • 設計(3次元モデリングから可)
  • 修理・メンテナンス(他社製も可)
  • 訪問による打ち合わせ
  • 修理時の金型引き取り
  • TRY(成形機350tクラスまで)

淀川精機の強み03
技術の継承とフットワークの軽さを重視し、若手を毎年採用しています。

2つ以上の工程ができる人材を育てる

弊社では毎年新卒採用を行っており、比較的メンバーが若いのも特徴です。
最初はフライスの穴あけから始まり、設備の操作、組立・磨きなど年を追うごとに色んな作業に挑戦してもらい、最終的にどこの工程でも対応できる人材づくりを目指しています。様々な工程が担当できる工員が多いのも、短納期を実現できる理由のひとつです。

お問い合わせはこちら
淀川精機の強み03

製造事例

弊社製造の金型による成形品(協力会社様ご提供)

(画像をクリックすると、拡大表示されます。)

弊社製造の金型

(画像をクリックすると、拡大表示されます。)